自然豊かな延岡に泊まりに行こう!!
延岡ふるさとツーリズム協議会

市街地エリア

This post is also available in: English 한국어 简体中文 繁體中文

延岡市は、東九州の中心に位置し、九州山地を背に、清流五ヶ瀬川が貫流し、日向灘に面した、産業と歴史と文化とスポーツが息づく「市民力・地域力・都市力が躍動するまち」です。歴史をさかのぼれば、江戸時代には、高橋、有馬、三浦、牧野、内藤の5氏の藩主が入れ代わり移封された延岡藩の城下町で、明治時代に入ると、夏目漱石の青春小説『坊ちゃん』で、「うらなり君」の左遷される赴任地としてユーモラスに紹介されています。酒と旅を愛した若山牧水も、11歳から19歳までの若き日を延岡で過ごし、歌人としての第一歩を踏み出しています。大正に入り、旭化成を中心とする工業都市に生まれ変わり、現在まで東九州の中核都市として発展してきました。2006年に旧北方町・ 旧北浦町、2007年に旧北川町と合併し、九州第2の広さを有する、商工農林漁業の各産業が均衡する新しいまちに生まれ変わりました。海、山、川の幸に恵まれ、全国的に人気のあるチキン南蛮発祥の町でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です